りんくうBlog

当たり前はひとつもない

 

カンボジアの孤児院では
布団もエアコンも扇風機もない炎天下の中
子供たちは汗だくでお昼寝をしていました

 

お布団で眠れること
家があること
親がいること
美味しいご飯が食べられること

 

 

身体が元気に動くこと
自由な選択ができること
仕事ができること
お金があること
家族、パートナー、友人、仲間と笑い合えること
目の前の人との何気ない時間
大好きな人が生きていること…

 

あなたの当たり前が当たり前じゃない人もいる
当たり前が一瞬で一変することもある

 

ひとつひとつが有難いこと
当たり前は一つもありません

 

もっと大切な人を大切に
もっとやりたい事に正直に

 

この先どうなるかはわからないから
失ってから気付くのではなく
恵まれている事に感謝をして
一瞬一瞬を大事に生きていきたいですね

 

関連記事

最近のコメント

    アーカイブ

    PAGE TOP