りんくうBlog

【音叉チャクラ26】ピアノの調律のように体が整えられていく

初めての音叉とても楽しみにしていました。
カウンセリングでKEIKOさんと話しているうちに今回のテーマは「体をゆるめること」というテーマが見えてきました。
あとは、肩甲骨から上の方のエネルギー不足を感じ、5・6・7のチャクラを集中的にとお願いして音叉がスタート。
心地よい空間、癒しの音楽、音叉の音の波動ですぐに編成意識に。。
そして調子の悪いところが痛くなって、ピアノの調律のように体が整えられていく感覚がわかりました。
自分という軸がしっかりして上から下まで真っすぐな体感。
本当に感動です。
この感覚を忘れないように過ごしたいと思います。
KEIKOさん、向き合って下さりありがとうございました。

ーーーーーーーーーー
ご来店ありがとうございました。
カウンセリングでどんどん自分のモヤモヤが明確になり、最終的に忘れていた課題が浮き彫りになりましたね。
「施術中、見えないボタンをかけているように体が真ん中に整えられていくのがわかりました」と直後すぐにお話しされたことが印象的でした。ピアノの調律のように、という表現がとても素敵でピッタリですね。
センタリングした&体がゆるんだ感覚を体感され、喜んでいただき嬉しかったです☆

関連記事

最近のコメント

    アーカイブ

    PAGE TOP