りんくうNews

チネイザンを現地チェンマイで習得してきました

チネイザンとは

 

チ→気  ネイザン→内臓
を意味し日本では気内蔵療法といわれるものでお腹のマッサージ、デトックスをします。

 

お腹(内臓)には臓器によってさまざまな異なる感情が溜まると言われています。
それを流して解毒(?)しないとそのまま病気になると言われています。
ストレス、心配が多い方は胃癌になるかもしれません。
怒ってばかりの人は肝臓の数値が悪化するかもしれません。

 

チネイザンはお腹のマッサージを通して感情の浄化や内臓の活性化を促し、病気の予防にも最適と言われています。

まだまだ日本ではレアな東洋医学のマッサージ。

 

腕を痛めているのですぐにはできませんが
痛くないチネイザンをいつかご提供できたらと思っています。お楽しみに☆

PAGE TOP