お客様の声

「苦労してなんぼ」の人生、やめました!

目に見えないものを信じない私が鈴空に来た事は自分の中ではとても衝撃的でした。なぜか「行かなきゃいけない」気がして導かれるように予約をしたのですが、今思えばそれは私の人生の中で一番のラッキーだったと思います。あの時の自分の直感を信じてよかった。こんなに人生が楽になる日がくるなんて想像もしたことがなかったから。

これまでずっと自分は「不幸」「苦労してなんぼ」「我慢が当然」の人生だと思っていました。そんな自分が変われるなんて考えたこともなく、小さい頃からそれが当たり前で「なんかあったら死ねばいい」と死をぶら下げて生きていました。「楽」だとか「愛」の意味も全くわかっていませんでした。昔から常に人にイライラしていた気がします。結婚しても主人にイライラしながら「いつも私は不幸、私は我慢ばかり、苦労ばかり」と思っていました。

鈴空にはそんな自分を変えてもらいにきていました。「私をなんとかして」って。
他のお客様の声を見てみんなはどんどん変わっているのに、私はなかなか変われていない気がしてずっともどかしかったです。だけどけいこさんと一緒に一歩一歩自分のペースでその時の自分と向き合い続け、少しずつ心が軽くなり、一年半たった頃に突然「私、変わった!!」と実感しました。時間がかかったけど私にとっては全てが必要なプロセスでした。

主人への見方も変わりました。10年以上「私がこの人をなんとかしてあげなきゃ」と思いながら我慢をしていましたが私が変わったことで主人も変わったんです。怒鳴ったり怒ったりすることが減って
夫婦の会話と笑顔が増えました。さらに子ども達のことも以前よりもずっと愛おしく感じるようになり、家で幸せを実感することが多くなりました。喧嘩をしても可愛くて仕方がないんです。本当に不思議です。

もしかしたら私は苦労なんてしていなかったんじゃないかと思うようになりました。ただ「何もかもを人のせいにして生きてきただけ」だったのかも。誰に対してもその人のせいにして常にイライラ…。それってつまり自分で選ぶことを避けてきたんですよね。だって人のせいにしていれば楽だったから、と気づくことができました。

そして、うまく言えないけど「みんな一緒」だとも気づきました。人生の壁も嫌なことも人間関係のトラブルが起こるのもみんな一緒。
だけど、自分がどのようなスタンスで、どのように捉えるかだけでこんなにも人生が変わるのかと。「生きていることって楽しい」とみんな感じるべきだ思います。「生きているのがつらい」からみんな苦しむのだけど、起きる出来事ってみんな同じだよって。でも「見方が変わると生きることって楽しい」と感じられるようになるんだ、とみんなに知って欲しいです。

こういうことを体験させてくれるところ、気づかせてくれるところって今までなかった。自分と向き合うことは、思考ではなく内側から「気づく」「腑に落ちる」ために必要で、それによって本当に大切なことを感じられる自分に変化するんだと鈴空での体験を通して学びました。本当に大事なことって誰も教えてくれないし、自分で気づかないと全然わからないものなんだなって。

鈴空へも「私をなんとかして!」というスタンスではなく「私が来たくて来ている」ことに変わったと気づきました。他力本願の人生から自分で選択をする主体的な生き方になりすごく楽になりました。家族への愛や感謝も感じられるようになったし、様々な問題も「なんとかなる」と思えるようになってます。ワクワクする時間が増えました。”死”なんて一瞬もよぎらなくなりました。今は家族と新しいステージへの構想を練っています。これからの未来が楽しみです!

Chi様(主婦・cafe staff)

鈴空に来て変わったことはありますか?
苦労・我慢・不幸・イライラ・自己犠牲体質

愛・幸せ・感謝・喜び・楽に生きる体質。もう「苦労」とかの言葉を聞くだけでも寒気がします。笑
Chi様にとって鈴空とはどんな場所ですか?
人生を変えた場所。本気で自分と向き合える場所。
鈴空に来てなかったら今頃どんな人生を送っていたんだろう。何も変わらず我慢と苦労し続けることを選んでいたと思うし、その未来を想像すると怖すぎます…
おすすめのメニューとその理由を教えてください
<はなすじかん・きくじかん>
自分ではわかっていなかった自分の中の答えに気づくから。他のメニューで予約をしていてもモヤモヤを感じている時はいつもはなすじかんに変えてもらっていました。帰るときにはいつもスッキリ前向きになるんです。

<チャクラ>
頭では理解するのが難しい私だけどチャクラを整えると肌感覚で日々の変化を感じられる。そしてその積み重ねで自分自身のあり方や人生がとても変わったから。
これだけは伝えたい!鈴空の魅力。
けいこさん。

きくじかんを初めてしたときに『体の声を聴いていくと自分では想像もしていない何かが湧きあがってくることがあるので、もし何かが浮かんだら教えてくださいね』と言われて(え?そんなわけないじゃん。私そういうタイプじゃないし。笑)と半信半疑でスタート。
けいこさんのナビゲートで違和感があるお腹に意識を向けていると、子宮の中で赤ちゃんのように丸くうずくまっている娘の顔が突然浮かんできて「あれ!?なにこの映像。なんで娘?なんで赤ちゃん?」
そのままけいこさんと一緒に進めていくうちに、「うずくまっている娘=不幸だった時期の怯えている私」だったことがハッキリわかり雷に打たれたような衝撃が!涙が溢れて止まらなくなった時、隣でけいこさんも泣いているのが目を閉じていてもわかったんです。この想いをわかってくれたんだ…一緒に共感してくれているんだと肌で感じました。
友達でもなんでもない私のためになんで泣いてるんだろう。。今思えばそれがけいこさんに興味が湧いた時でもあったし、本気で信じてみようと思えた瞬間でした。