深く傷ついた時に一番おすすめの対処法

心が傷ついたときや
深くショックを受けたとき
あなたはどうしますか?

カラオケで発散する
誰かに話を聞いてもらう
ひたすら引きこもる
買い物に走る
やけ食い
お酒に走る
頑張って忘れようとする
泣く
叫ぶ
寝込む…

傷ついた心の癒し方は
人それぞれ違います

そのときの自分が選ぶことは
傷ついた心を守る方法。
どれも間違いではありません。

辛かった出来事から
目を背けたくなる気持ちは
痛いほどにわかりますが
そうするといつまでも傷が消えず
逆に心に残ってしまう事があります。

本当の意味で深く心を癒し
自分に無理することなく
回復を早めるには
どうしたらいいのでしょう。

 

私が思う傷ついた心の
癒しと回復を一番早める方法は

「受け止める」こと。

どんなに辛くても苦しくても
涙が止まらなくても
目を逸らさずに
一旦しっかりと現実を受け止める

起こってしまったことを
逃げずに自分に落とし込むのです
(これ実際はめっちゃ辛い。。)

そしてその後に
ショックだった自分
傷ついた自分
辛かった自分を
自分で受け止めるのです

「ショックだったよね」
「すごく傷ついたね」
「辛かったね」
「頑張ったね」

自分をナデナデして
ギューっとハグするように
自分で自分の心を受け止める

ただ、傷ついた心と共にいる
ただ、悲しみと共にいる

誰かに癒してもらうのではなく
自分で自分を癒すことが
真の癒しであり
心・魂が癒された時に
辛い思いは昇華されます。

辛い出来事を忘れようと
あの手この手で
目を逸らそうとするのではなく
あえてきちんと向き合うことで
逆にゆっくり傷は癒えていきます。

どうか自分から逃げないでね
あなたを癒せるのは
あなたしかいないのだから。

いっぱい泣いて
また笑えるように
ゆっくりゆっくり
回復していきましょう。

では、今日はここまでです♡

 

関連記事

  1. 「自由」という言葉の裏にある2つの罠

  2. 競争(地)→共存(風)へ

  3. 自分軸とは

  4. 二極化していく風の時代の対人関係。出会いと別れがいとも簡単に…

  5. 20年前と変わらない大好きなお店で幸せランチ|チロル@山形市…

  6. 自分の価値