【星読み】夏至〜秋分の流れ

今年の夏至は6月21日です。
1年の日の長さが最長になり、
陽が転じて陰に傾く日と言われ、
占星術では年に4回ある流れが変わる日。
※春分・夏至・秋分・冬至

夏至から秋分(6/21〜9/23)までの流れを
鈴空流の星読みの観点よりお伝えします。

その前に…
春分から夏至(3/21〜6/21)の流れの
大きなポイントの振り返りですが
『終わりと始まり』・『生まれ変わり』
という色がとても濃かった星回りでした。

年度末や新年度とも重なったため
何かが終わる or 手放し、
何かの始まり or 新たなスタート
というフレーズが当てはまる方は
大変多かったと思います。

また、根底からの生まれ変わり
体験したり、体験させられたり
目を逸らしていた深い部分に
真から向き合わされたり‥
そんな流れを体感した方も
多かったのではないでしょうか。

生きながらの輪廻転生のような体験。
本当の自分へ生まれ変わる…
そんな深い生まれ変わりの流れでした。

また、3/25〜6/11の期間は
本格的な風の時代のプレ体験期間でした。
フットワーク軽く自由に動く、
遠い世界・未知の場所・新たな繋がり、など
これまでとは違う軽さで進む風の時代。
あなたはこの期間に体験できましたか。

※風の時代と言っても厳密には今は移行期間。
土の時代と風の時代を行ったり来たりしており、
本格的な風の時代のスタートは
2024年秋になります。

 

 

【夏至から秋分の流れ】
(6/21〜9/23)

全体的に春分から引き続き活動的。
ここ数年の制限をふきとばすほど
エネルギッシュで元気な
雰囲気になりそうです。

<point①>

時間(命)の使い方を考える

 

「真の使命」が照らされて生き方や
自分の役割を意識させられそうです。
使命=命の使い方、命=時間、です。

時間(命)をどう使いながら
自分の役割を果たしていくのか。
自分が本当にやりたいこと、
成し遂げたいこと、願いは何か。
自分の想いや情熱を何に使い、
誰のお役にたちたいのか。
そのあたりが見えてくる方や
そこを意識する方が多くなりそうです。

 

<point②>

満たされた本来の自分自身でいる

 

自分であること、自分でいること。
自分軸をもって過ごすということが
発展のポイントになりそうです。
そして、大切なキーワードは
自分が満たされているということ。
五感が十分に満たされ幸せを感じる
自分自身でいることを意識しましょう。

 


<point③>

思いきり楽しむ・遊ぶ!

 

趣味を楽しむ、しっかり遊ぶ。
好きなことをとことんやる。
趣味をもう一段階深めたり
やりたかったことに挑戦したり。
元気に活動していきましょう。
それを発信していくのも◎

 

<point④>

自分を固めていく

 

自分の生き方・価値観
満たされた本来の自分…などを
しっかりと固めていくことを
星(土星)がサポートしています。
土星は「形作る/固める/安定」の
役割を担う星です。

土星は6/18〜11/4まで逆行期間。
苦手意識や弱点の克服
見て見ぬふりしていたり、
先延ばしにしていた事に取り組む
時期としても最適です。

 

以上、いかがでしたか。
春からの生まれ変わりに続き、
夏至からは元気に楽しみ、活動する、
自分自身を満たし、それを固める。
そんな時期に突入しそうです。
タイムパフォーマンスも意識して
楽しい夏をお過ごしくださいね♪

ホロスコープの読み方は
読み手により雰囲気がかわります。
あくまでも私の感覚で読み解いており
絶対的なものではありませんが
少しでもこれから3ヶ月の過ごし方の
参考になりましたら嬉しいです。

長くなりましたが、
読んでいただきありがとうございました♡

 

自分の事、自分の今の流れを知りたい方へ
個別の星読みセッションも行っております。
ご興味のある方はこちらをご覧くださいませ。

関連記事

  1. 無意識的に学ぶことが好きな理由

  2. 2020春分図と今年の予想

  3. 宇宙元旦

  4. 絶対に大事な決断をしてはいけないとき

  5. つい頑張りすぎてしまう人へ

  6. 自分を愛するために大切なこと