過度のポジティブ・自分アピールの発信をする人の心理

今日はブログのリクエストを頂き
この記事を書いています。
(ブログのリクエストはお気軽にどうぞ〜)

こんな人がいるんだけど
何を考えているんだろう…というもの。

<その方の特徴>
・SNSでポジティブな発信しかしない
・ネガティブを認めない
・ネガティブなんて自分にはない
・周囲と自分は違うアピール
・こんなことやってる自分はすごいアピール
・とにかく何でも発信した人勝ち!という感じ
…というもの。

以前ネガティブな人の記事を書いたので
逆にポジティブすぎる人ってどうなの?
と感じたそうです。

その記事(下記参照)でもお伝えしましたが
全ての物事は陰と陽の側面があります。

記事:ネガティブな感情に苦しむ時は

自分の短所・長所どちらも自分の個性ですが
今回のポジティブすぎる人は
とにかく自分の陰(短所・ネガティブ)を
出さないように全力で頑張っている印象。

 

こんな自分すごいでしょ!
ネガティブな部分なんてないよ!という
強いアピールの背景にあるのは
無意識レベルの自信のなさ。

※本当に自信のある人は
いちいちそんなアピールはしません。

ネガティブな指摘をされると
全力で否定するあたりに
自分を認めて欲しいという
必死さが見え隠れしています。

※本当に自信のある人は
他人の意見にも耳を傾ける余裕があります。

また他の人を差し置いても
自分が注目されたいという
自己中心的な考え方をするので
他の人の話を奪って自分の話に変えたりします。

※本当に自信がある人は相手の話を引き出します。

過度の「自分すごいアピール」

注目されたい
すごいと思われたい
尊敬されたい
ちやほやされたい
人の上に立ちたい
褒めて欲しい

と、かなり人の目を気にしています。

※本当に自信がある人は
他人から
の評価に軸が左右されません

参考までにアドラー心理学では
優越コンプレックスという言葉があります。
劣等感を隠して
自分が優れていると見せかけることで
人生の課題から逃げている
というものです。

いずれにせよ陰の部分も含めて
本当の自分を丸ごと認められないから
他人からのジャッジにカチンと来る。

しかし自分を認めて欲しい欲求は強く
嫉妬心やプライドも高い。
自分を認めない人は敵!と思うような
極端な方もたまにいます。

ですので、そのような方に遭遇したら
「すごいですね!」と感激してあげたり
そっとスルーするのが無難かなと思います。

人から賞賛・承認されて
自分を保っている状態なのかと思いますが
本来であれば自分としっかり向き合い
弱さや自分の短所も認められて
はじめて自己愛を感じられるようになるもの。

周囲に自分を認めてもらうのではなく
自分自身がありのままの自分を認めると
他人からの評価に左右されることなく
自ずと自分が確立されていくものなのです。

 

では、今日はこの辺で♡

関連記事

  1. 無意識的に学ぶことが好きな理由

  2. 現在取り組んでいる5つの学び

  3. お客様の感想

  4. マイペンライ精神で生きる

  5. 国内外の超一流から学ぶ心理学

  6. 自分のことがわからないあなたへ