二極化していく風の時代の対人関係。出会いと別れがいとも簡単に繰り広げられた後に残るもの

「嫌われる勇気」というタイトルで
一躍有名になったアドラー心理学では
「すべての悩みは対人関係」というほど
人間関係は私たちの永遠のテーマです。

家族から始まり
幼少期・学生・友人・社会・恋愛・家族…
私たちは人間関係の中で生きてきて
人との関わりの中で自分の性格や
価値観・無意識までも確立されていきます。

「人間関係で悩んだことは一度もない」
という方に会ったことがないし
そんな人がいたらきっとその人は
お釈迦様の生まれ変わりかも。笑

みんなみんな
「人」において悩み
「人」によって成長していくのです。

そんな対人関係において
風の時代がはじまり変化が生じています。
これからの時代のポイントは二つ。

まず一つ目は
簡単に人と繋がる世の中になっていくこと

風の時代に入りオンラインが一気に加速。
(風=目には見えない・早い・自由)
すでに活用している人も多いですが
コロナ禍、テレワークの普及で
zoomやライン電話など
県や国(時空)を超えてワンクリックで
瞬時に繋がる時代になりました。

その他、ステイホームや自粛で
オンラインサロンやスクール、
マッチングアプリの普及、
更に最近ではclubhouseという
音声のみで繋がる新しいトレンドも
登場して話題になっています。

メリットは自宅で簡単に人と繋がれること。
実生活で知り合うこともなかった人たちと
知り合ったり話ができたり
新しいご縁が生まれていきます。

デメリットは相手との信頼関係が
構築しづらいことや
簡単に疎遠になること。
繋がったはいいけど
どこまで信じていいの?
どこまで自分を出していいの?
というオンラインならではの難しさ。

簡単に繋がれる分
その後の関係を保つ方が難しかったり
簡単に縁が切れることも大いにあります。

よもや、よもやですね。(一度使ってみたかったセリフ)

そして二つ目は
本物しか残らないこと

これはさっき話した
「繋がりやすくなる」の対極です。
誰とでも繋がれてしまうからこそ
本物しか残らなくなります。

一日24時間。
6時間睡眠だとすると
人は一日18時間しか
活動する時間はありません。

その大半を仕事に費やし
通勤、食事、お風呂、家事、育児。。
本当の自由時間は実はたった数時間。

貴重なその時間を
自分にとって大切な人や
時間を使いたい人に
割いていくようになっていきます。

むしろどうでもいい人(こと)に
割く時間が顕著に無駄だと
つくづく感じるようになり
その時に自然と
自分にとっての「本物」しか
残らないようになっていきます。

これは無意識に一人一人が
そうしていくんだと思います。

時間は生命だから。

 

ではでは〜♡

関連記事

  1. 浮き彫り

  2. 「自由」という言葉の裏にある2つの罠

  3. 手放し・断捨離という言葉の裏にある罠

  4. 自分軸とは

  5. 心を整えると人生が変わる!私が本当に伝えたいこと

  6. 深く傷ついた時に一番おすすめの対処法