4つの本物の感情

私たちが持つ[本物の感情]は4つと言われています。

 

 

①喜び ②悲しみ ③怒り ④怯え(恐れ)

 

喜びは生きる幸せを感じ
悲しみは過去の問題
怒りは現在の問題
怯えは未来の問題
を解決するために備わっています。

 

人が生き延びるため、
喜びで生きていけるようになるために全て必要な感情なのです。
誰しもが持っている感情なので、怖がらずにどんどん表現していきましょう。

 

幼少期にこの感情を素直に表現することを封じられると、[偽物の感情]で本物の感情を覆い被せ、封印することを覚えます。
それも小さい子どもが生き延びるための必死の知恵。

 

しかし偽物の感情を大人になっても無意識に使い続けてしまい、人間関係に支障がでてきたり、なぜか自分が苦しくなったり…
長くなりそうなので偽物の感情の事はまた別の機会に書きますね🌟

 

 

関連記事

  1. ステージ変化前の波乱期に重要な3つ

  2. 国内外の超一流から学ぶ心理学

  3. 過度のポジティブ・自分アピールの発信をする人の心理

  4. カウンセリングは怪しいもの?

  5. 自分と向き合うことで人生は変わっていく

  6. 心を整えると人生が変わる!私が本当に伝えたいこと