蓋をした感情と向き合う

今日は自分のことを書きます。

母が亡くなり5ヶ月が経ちました。
今はお蔵サロンをお休みして
オンラインセッションや事務作業や勉強など
少しだけのんびり過ごしています。

母が亡くなった直後も
休まずにずっと仕事をしていたし、
新しい人たちとの出逢いがあり、
初の県外出張など、駆け抜けた感じで
今やっと一息ついたような気がしています。

今後の人生を考えました。
時間は有限、いつ何が起こるかわからない、
そういう思いが常に心にあるので
やりたいことをやる!と決めて
夢もできて動こうとしていますが
どこか地に足がついていない…そう感じました。
頭がわーーーってなってる感じ。

信頼できる人に話を聞いてもらい
心理学仲間に何度もワークしてもらい
ものすごく大きな気づきが立て続きに起こり
封印した自分の本心に辿り着きました。

それは恐ろしいほどシンプルでした。
どうやら母親が他界した時に
自分の中の大きな感情に蓋をしたようです。

一言で表現すると
体感したことのない極限の寂しさ

「私、本当はただ寂しいんだ!

そう気づいた時に涙がとめどなく溢れ、
心がフッと腑に落ち、
やっと地に足がついた感じがしました。
やっと呼吸ができて、止まれた気がしました。

すごく寂しくて怖くて耐えられないから
毎日忙しくしたり
新しい世界に飛び込んだり
新しい目標を作ったり、
そんな風にして寂しさから
目を背けていたんだなーと。

そっかー、私、極限に寂しいんだ。。

そりゃそうだよねー、、
大好きな母親があれよあれよという間に
パタっと死んじゃって
今でももしかしたらフッと
その辺から現れるんじゃないかというくらい
まだまだ実感できてなくて…そりゃ寂しいよね。
まだ半年も経ってないもんね、、と納得。
そしてそれは人間として健全だとも理解しました。

そうとわかれば
今後のビジョンや方向性を描く前に
まずやらなければいけないことがある。

ってことで
今はひたすら寂しさと向き合ってます。
涙が出るときはひたすら号泣したり
辛いときは大声で叫び(←車がおすすめ)
とにかく「さみしーーさみしーーー」と
言いまくってます。笑

そうして素直にまっすぐ感じ切ることで
不思議なもので寂しさが緩和され
心が落ち着いてくるのです。
張り詰めるほどの辛すぎる寂しさは
大分落ちつき楽になりました。←言葉通じるかな?

目を逸らせばその分だけ感情は強化され、
逆にいつまで経っても消えないのです。
寂しい自分を認める
寂しい自分を愛する
寂しい自分とただ共にいるのだー。

今月もお休みにしててよかった。
人を整える事を生業にしているからこそ
自分もしっかり整えなきゃです。

母の死ってかなり辛いです。
人生で一番恐れていた母の死。
特に私は母のことが大好きだったから
なおさらかもしれません。
もう会えないって本当に辛いです。

ただ親の死から学ぶこともありました。
死ぬことは生きるということ。
母は肉体は亡くなっても
私の中で1日も忘れたことはなく
毎日思い出すしずっと生き続けています。

そういうことも、今後少しずつ
発信していくんだろうなと感じます。
本当の自分で生きようとする人を
サポートをしていこうと決めた以上、
そういう使命も担っている気がします。

人一倍、苦労が多かったり
ジェットコースターのような人生を
生きているのはきっと意味があるのかな。
もう少し経った時に色々見えると思います。

蓋をした感情に気づくことは
一人では到底無理で
サポートがあってのことでした。
対話をして気づけた答えでした。

話す=対話することってかなり大事です。
毎月対話セッションという名の
個人ワーク(カウンセリング)をしているから
その都度タイムリーな気づきがあり
心の整理や感情の浄化ができています。

定期的に対話する時間を持つのが
重要なのかもしれません。
自分はいつも変わり続けるので。

今回も一回では無理でしたし
一人では無理でした。

サポートしてくれた仲間のみなさん
本当にどうもありがとうございます。
深くて重いテーマだけど
支えてくれて聞いてくれて深謝です。涙

私はこんなふうに自分と向き合っています。
だからこそ、同じように自分と向き合い
常にタイムリーな自分に気づきながら
自分を大事に生きる方を応援する!
って心に決めてます。

「本来の自分で生きる」という理念は
私が一番叶え続けていたくて
私が一番そうありたい姿なのです。
だから同じように考える人と合うのですね。

本日お客様からギフトが届きました。

お客様は軽い気持ちで
届けてくれたのかもしれませんが
そんなこんなの自分には
なんだか感極まってしまって
嬉しくて思わず涙が出てしまいました。

寂しさに包まれていた私の心に
とても沁みたバレンタインチョコ。
愛をありがとうございます。

一人じゃないのです。
母も家族も、仲間も、お客様もいる。
なにより自分がいる。
寂しさと愛は紙一重ですね。

みなさんがいつも私の前で
心を開いて自分を出してくれるので
私も感じている事を出していこう、と
自分の心をシェアしてみました。

こんな時こそ自分にチャクラ調整ですね。

皆様、どうかご両親や大切な人を
大切になさってください。
同じ時を生きていられるって
あたりまえじゃないんだなぁと痛感中です。

ということで、長くなりましたが
読んでくれてありがとうございました♡

<抑圧>
第2チャクラ(我慢/丹田)
第5チャクラ(自己表現/喉)

<愛・寂しさ>
第4チャクラ(感情/胸)

関連記事

  1. 100の決断より1の覚悟

  2. 本当は辛いのに笑ってしまう人

    本当は辛いのに笑ってしまう人

  3. 2020とオンライン

  4. 「不満・不安な人生を過ごしている人」がしていないこと

  5. 心を整えると人生が変わる!私が本当に伝えたいこと

  6. 無意識的に学ぶことが好きな理由