雪景色の美しさと雪かき

私は東京に住んでいた期間が
とても長かったからなのか
故郷の山形での生活では
とにかくいつも感動しています。

四季折々を感じられ
空気も変わり
景色の色も変わり
夏は暑く冬は寒いですが
どの季節も儚く美しく大好きです。

今は冬の美しさを感じます。
去年は雪が降りませんでしたが
今年はいきなり大雪。
これぞ山形の冬!って感じです。

雪が降ると雪かきが大変で
寒波が来ると泣きたくなります。。

でも今年気づいたことは
雪かきをしている時の
空気がめちゃくちゃ美味しい!

潤った美味しい空気が肺から
細胞の隅々に行き渡り気持ちいいんです。
この瑞々しく潤う空気は雪国の贅沢な味。
(味という表現で合ってるのか…)
都心ではこの空気は吸えなーーい!

体の細胞が喜ぶ有酸素運動。
寒いどころか汗をかく。
雪かき意外と気持ちいいのでは。
嫌いじゃないかも!!ということ。

とはいえ山形市は雪が少ない地域。
もっと雪が多い地域の方は
きっとずっと大変ですよね。

是非雪かきの時に
「空気が潤ってて美味しい〜♪
細胞が喜んでる〜♪
最高の有酸素運動〜♪」
と無理矢理にでも感じながら、笑
深呼吸してみてください。

体の細胞が喜ぶ感覚がわかると
きっと少し雪かきが好きになるかもです。

ではでは〜♡

関連記事

  1. 絶対に大事な決断をしてはいけないとき

  2. 「自由」という言葉の裏にある2つの罠

  3. Singing Bowl

  4. カウンセリングは怪しいもの?

  5. 国内外の超一流から学ぶ心理学

  6. 二極化していく風の時代の対人関係。出会いと別れがいとも簡単に…